2008年10月30日

木製単管パイプ倉庫

田舎暮らしには必需品のひとつ・・・倉庫。

金属製の見た目綺麗な物置は、夏の暑さ対策と通風には機能としてはいまひとつ≠ナして・・・

以前から気に掛けて、物置を探しに今まで何度ホームセンターに行ったことやら。
沢山並んでいる倉庫を眺めながら、大きさやサイズは数も多く選り取り見取り。
棚付きで大変便利に使えそうで、しかも手軽に建てることが可能です…が、どれもこれもみんな鉄板で作られていす。

しかし私の必要としている倉庫は、風通しが良く真夏の日差しに熱く照らされても高温にならずに爽やかな倉庫を求めていましたので・・・


「やっぱり無いなぁ〜」と諦めの境地を味わうのでした。



仕方が無いので自分でこしらえるしか手がありません。



そんなこんなで、一念発起。


外観は木製。
骨組みは単管パイプ。
そんな発想で、今回のホームセンター行きは材料探しです。


思い立ったが吉日とはいいますが、おぼろげながらのイメージで始めて大丈夫か…?と自問自答しながら気が重かったのですが思い切って作ることに決めました。

製作する大きさは、2500×1500mm
ど素人の、いい加減図面と簡単イメージ図でスタート。


まず用意したものは・・・
単管パイプ1.5m、2m、2.5mの3種類。
単管クランプ4種類。種類が多すぎて四苦八苦しながら選んだが、果たして間に合うのか?
重量ブロック21個とモルタルセメント8袋とグリは基礎工事用として。



まずは、基礎工事です。

穴を掘った後グリを敷き詰めモルタルセメントをベースしてその上に重量ブロックを乗せます。
これで基礎が完成です。

ブロックは半分土に埋め込みます。


基礎は建物の中で一番重要な部分です。
水平と直角をしっかり出しておかないと、たかが倉庫といえども建物が傾いたりしてしまいます。


次に、単管パイプで柱立てです。
ブロックと単管パイプの組み合わせでラッキーだったのは、ブロックの穴に単管パイプがピッタリ入ることです。


水平、直角を出せて3本同時にパイプを組めるクランプにも助けられて、今日は柱立てまでが出来上がりました。

P

まだまだイメージの木製倉庫には程遠い単管パイプの骨組みです。












posted by キンちゃん at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

緊急事態wwwww
http://zg8f9ua.kxyasx.info/
あらゆる股間で大洪水wwwwwwこれはヤバいwwwwwwwwwwww
Posted by 欲求不満カイケツwww at 2011年03月18日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。