2007年06月30日

「サバからマグロ」実現へ本腰?

漁獲量の問題以来、マグロが話題となることが多くなってきているようだ。

日本食の代表格である、刺身・寿司に大きく影響するからだろう。

1億人の食卓を賄う観点から考えればやむを得ないことなのかもしれないが

しかし、自然界の食物連鎖へと視点を変えてみると、考えさせられる問題を多く含んでいるのではないだろうか・・・?



「サバからマグロ」実現へ本腰=精子のもとを移植−将来は量産化も・東京海洋大

「サバがマグロを産む」−。
マグロの精子のもととなる細胞をサバに移植し、サバの自然受精によってマグロを誕生させる研究を、東京海洋大学の吉崎悟朗准教授が年内に本格化させる。
研究が成功し、将来の量産化につながれば、世界的な乱獲を背景に進むマグロ資源の減少に一定の歯止めが掛かる可能性がある。

マグロとサバは同じサバ科に属し、遺伝子的にも関係が近い。
研究ではまず、クロマグロの精巣から精子のもととなる細胞「精原幹細胞」を取り出し、卵からかえったばかりのサバの稚魚の腹に移植。
オスの稚魚はサバとマグロ両方の精子を作り、メスも両方の卵を作る。成長したサバのオスとメスが交尾すれば、サバに加えマグロも産む、と見込んでいる。

海中を高速で回遊する大型魚のマグロに比べ、サバは管理が簡単だ。
また、交尾できる成魚に育つまでにマグロは最低3年かかるのに対し、サバは2年で済み、飼育効率も高い。研究の背景には、マグロを単独で殖やすより、サバに産ませた方が漁獲量にプラスになるという読みがある。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070630-00000024-jij-bus_all



研究という隠れ蓑を被って、自然の流れを敵に回すような行為をどこまで続けるのだろう。

一時の成功は自らの首を絞めかねない事を、過去の歴史に学ぶべき・・・と再認識させられる。


貪欲の果てに見えるものは。。。。?


応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif


posted by キンちゃん at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

頭の中が丸分かり? 「脳内メーカー」が人気!

イヤ〜 面白いものを作ってくれました!

人気集中でアクセス集中だそうです
「しばらくたってから、アクセスしなおしてください・・・」ってアナウンスは入らないだろうが。。。


==頭の中が丸分かり? 「脳内メーカー」が人気==

名前を入れるだけで、あなたの「脳内図」を作成してくれるというサービス「脳内メーカー」が人気だ。フォームに名前を入力し、ボタンをワンクリックすると、人の横顔図が表示され、脳に当たる部分に「食」「遊」「秘」「H」などといった文字が並ぶ。

名前によって結果は異なり、「遊」がぎっしり表示されたり、「H」が1文字だけ真ん中に表示され、それを「秘」が取り囲んだり――納得のいく結果でもそうでなくても、思わずその意味を読み取ろうと考え込んでしまう。

開発したのは、ハンドルネーム「JKチョリソー」さん。面白いネタを思いつくなりネット発信している個人だという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070628-00000066-zdn_n-sci



「頭の中」が「図」になって見える、こんな興味をそそることをしてくれちゃって。。。

しかも、使ってる「遊」、「H」、「秘」の文字

一文字にしてみれば、意味ありげ・・・?と思ってしまうではないか!

思わず考え込んでしまう。。。

だいたい、自分のことを一番分かっているようで、実は分かっていない

習慣化した思考が自分を取り巻いている
しかも、それは自動で働く

俗に言う、固定観念とか・・・思い込みとか・・・トラウマもそのひとつだろう・・・

いつの間にか仕組んできた思考回路が自動で働いて、気づかないうちにその波の中で日々をすごしている

なにしろ自動スイッチ付だから

でも、なんとなくそれに気づいている自分もいるんだろうなぁ・・・

だから、「自分を知りたくなる」もう一人の自分がそこにいる。。。

あ〜だ、こ〜だ言われながらも、占いが根強い人気があるのもそこら辺りが理由なんだろう

自分探しの人生もいいじゃないか



応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif



タグ: 頭の中 脳内
posted by キンちゃん at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

「ミートホープ」従業員解雇、明日は我が身?

牛肉偽装事件「ミートホープ」従業員説明会で田中稔社長は従業員を全員解雇する方針を伝えた。

40歳代の女性パート従業員は「これからもずっと働こうと思っていたので残念。

約10年間勤務した50歳代の男性従業員は「まさかこんなことになるとは思わなかった。


「ミートホープ」従業員説明会、解雇方針にあきらめムード
6月26日14時9分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000305-yom-soci


バブル崩壊後の経済低迷を以来、「倒産」「リストラ」「破綻」と、どれもサラリーマンにとっては明日の我が身の保障がない

事が起きて初めて…「まさかこんなことになるとは・・・」

と慌てふためく姿が何度報道されてきたことだろう


天下の「山一証券」ですら今はもうこの世に存在しなくなった過去を思い返せば・・・

の倒産破綻は珍しくもないのかもしれない


しかし、この中小企業の存在なくして大企業がなりえるのだろうか?


国民のほとんどが、中小企業のサラリーマンではないだろうか?

誰しも起きてほしくない。。。。
誰しも避けて通りたい。。。。とは、当然の思いであろうが

企業の偽装隠蔽工作の報道がされるたび、いつも頭の中をよぎること・・・
「氷山の一角でしかないだろうか??」

いつ我が身に降りかかるかわからない解雇問題として

明日の我が身の行く末を心に留めて今日を過ごさなければならないのだろう。。。


応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif


posted by キンちゃん at 12:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

40歳はもう『シニア』?

シニア向け携帯の利用者は、わずか4.8%

しかも、4.8%の対象者は、「現在利用している」40歳以上の男女


驚きですね・・・・

『何が。。。?』って
これは、『シニア向け』でしょ

『シニア向け』の対象者が40歳以上だって・・・・

60過ぎの元気な年寄りがワンサカいる長寿社会
人生80年としても、まだ折り返し地点になったばかりの40歳代が、もう『シニア向け』の対象者?


確かに、IT社会に対応しにくい年代が40歳台以降かもしれない
どんどん追い討ちをかけるように新機種が発売されても気にならない年齢かもしれない

しかし、『シニア』枠にはめ込むにはチョット無理があるのではなかろうか


Yahooニュース「低調なシニア向けケータイ、40歳以上で5%未満」では
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070625-00000015-inet-inet

意外にユーザーを獲得できていないシニア向けケータイだが、何が余計で、何が足りない機能なのだろうか。

と、締めくくられているが・・・


これだけの情報のあふれている世の中では
流行やおしゃれにも、まだまだ敏感な40代50代なのではなかろうか


ただ単なる通信の道具としてだけでなく
ひとつのアイテムとしての存在も考慮すべきなのではないだろうか



デザインもイマイチだし。。。。

『シニア向け』…この言葉だけでも印象がよくない!!

40歳になったら、『シニア組』だー! 
なんて喜ぶ人いるのかな。。。?


応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif



posted by キンちゃん at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

食料危機がみえ隠れ。。。今の日本で?!

まさか〜!!

そんなこと考えられますか・・・?

 
飽食の時代と言われたのはついこの間のことのように思い出されてきます

今でも、スーパーやコンビニに行けば・・・
これでもか…とばかりに溢れるように沢山の食品が山のように並んでいます

それなのに・・・?

一夜にして食料品が無くなる。。。。??
そんな馬鹿げた話あるわけじゃないですか?




そう思うのは誰しも同じ

しかし、この物余りの今
まさに今です

現実に目の前に迫りはじめているようです

  


食糧生産に直接的に影響を与える気象問題
そして、防止すべく行われている温暖化削減政策


その中から生まれてきた、バイオ燃料

ところで、バイオ燃料って知っていますか。。。?
サトウキビやトウモロコシなどの植物を原料とした石油代替燃料
簡単にいうと、食料を燃料にしてしまうってことです


ニュース:イザでは「バイオ燃料ブーム、食卓直撃 大豆や果物減産で」の記事が
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/52014/


つまり、食料を燃料として使う分、食料が減ってしまう
まして、気象状況によっては生産量にも影響が出てくるし・・・
だからと言って、燃料供給分を減らせるわけじゃないし・・・

と、どちらをとっても痛し痒しの状況に追い込まれつつあるのです


バイオ燃料への代替傾向は世界規模で導入が進んでいるだけに、将来への不安がますます膨らむわけです。

ちなみにバイオ燃料の原料として使われる食糧は・・・
・サトウキビ
・トウモロコシ

このバイオ燃料の原料を生産するために、今まで生産してきた小麦や大豆の生産量が激減したために、食品業界に大きな打撃が出てきている


つまりは、食品業界から日々の食料をまかなっている我々国民に価格高騰から食糧難へとつながる危険性を持っているのです

食卓への影響はYahooニュースでどうぞ
「バイオ燃料人気で、うどん値上げ!? “粉もの文化”直撃」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070624-00000013-san-soci



応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif



posted by キンちゃん at 19:49| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「メール人格」って何。。。?

聞いたことあります。。。? 「メール人格」!

二重人格や多重人格は聞いたことあるけど。。。

「メール人格」って何?

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000006-rec_r-ent
==本人のキャラクターとは違う「メール人格」ってないですか?==によると

メールの文面から感じる人と書いた人の人格が全然つながらない…。
おとなしい物静かな人なのにメールの文面はやけに明るい…。
脅迫めいた文面におどろいて電話をしてみると、やさしい対応だった…。

そんな経験ありませんか?

もしかしたら、リアルの人格とは別の「メール人格」ってものがあるのかも?



そういえば2〜3年前
仕事上のやり取りで 『メールで連絡します。』 と残していった言葉を鵜呑みにし、気軽にOKと返事はしたものの


メールのやり取りがうまく進まない!!


来たメールに返信はした…しかし、次の返事がなかなか来ない


果たして、
送ったメールは届いたのだろうか?
送ったメールを見てくれたのだろうか?

考えたところで、どうにもならない現状に

業をにやした我が肝っ玉は、即電話をかける


感情のあまりつい出てしまった言葉は・・・・
「届いたのか届かないのか? 
   見たのか見ないのか?
 そんな、わけのわからない一方通行のあてにならないメールなんて使わないで、電話で返事しろ。。。!」


今にして思えば、メールを使う最低限のルールを知らずに簡単に便利だから。。。とメール!メール!と躍らされていたんだなぁ〜と。。。


しかし、この便利さゆえに『メール』はコミュニケーションを取るには取って置きの方法だ
(ただし、使い方を間違えなければ・・・)


同じく言葉を使う方法ではあっても、「話す」と「書く」では違ってくる
ほとんどの人が「話す」のはいいけど・・・「書く」のはね。。。?!


まぁ確かに、普段の生活になじみの少ない「書く」という言葉をきいただけで怖気づいてしまうのかもしれない

それだけ、普段の人格と文面に相違が出てくるのも否めないかもしれない


田舎生まれの多少の訛りは「あばたもエクボ」と多めに見てもらったとしても
これからのスムーズなコミュニケーション作りのためにも、聞きやすい表現、読みやすい言葉を・・・肝に銘じておこう


少なからず、あなたの「メール人格」は。。。?なんて言葉を聞かずにすごせるように


応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif


posted by キンちゃん at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

「日本最初のホームぺージ」ってどんなの・・・?

知っていましたか。。。?  
日本で最初に作られたホームページを。。。


HTMLソースも表記されてます
見たかったらここをクリック
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/



いまだにホームページのHTMLには頭が痛くなっている我が団塊ですが

なんと。。。日本最初のホームページは1992年9月30日に発信されたのだそうです。

発信地は、茨城県つくば市

発信者は、文部省高エネルギー加速器研究機構 計算科学センターの森田洋平博士。。。。当時の森田博士の手帳から確認されているそうです。


しかし、発信とは?
では、作ったのは誰?というと

記号だか暗号だか見ただけで団塊は、もうギブアップのあの、HTMLを日本で最初に利用した人は東京理科大奥乃博教授


えっ〜 作った人と送信した人が違う??

日本発のホームページは二人の合作だったということです!!
ビックリですね


わずか15年前に日本においてのホームページの歴史が始まったんですね



この日本最初のホームページがなければ、今のインターネット社会はこれほどまで急速に発展しなかったかも知れませんね?

これからさらに一般の家庭への普及スピード次第でネットワークだけは加速して行くことでしよう。


これもまた人間のなせる業!

どこまで続くものかナー。。。。?



日本で最初のホームページについて詳しくはこちらから
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/


応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif




posted by キンちゃん at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

加工食品。。。その肉なんの肉?「食の安全に疑問!」

高齢化社会の真っ只中、歳はとってもいつまでも健康で・・・と

健康を気にする傾向は年々高まってきているはずだが。。。。


「健康は食から…」と、農業の生産者側では有機栽培や減農薬、無農薬を売り物に食の安全を叫んでいるというのに


やはり、企業は安全より利益重視か?とため息の出るような問題を起こしてくれた


牛ミンチ偽装事件
Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000205-yom-soci
「豚肉混入は日常的」「社長の指示」パート従業員が証言
 牛肉ミンチに豚肉などを混入させていた北海道苫小牧市の食肉製造加工会社「ミートホープの現役パート従業員の女性が21日、読売新聞の取材に「牛ひき肉の中に豚の心臓や血液などを混ぜた肉を作っていた。偽装行為は、社長の指示で数年前から最近まで日常的に行っていた」と証言した。(読売新聞)



そういえば・・・・
かなり以前の話だが、食肉製造加工には大きなネズミの肉を加工しているといっていたことを思いだしました。



産業の発達に合わせるように変化してきた、社会生活と家庭生活


共働きが当たり前になり、食事の支度さえもままならないほどに時間に追われる家庭も多いようだ


また、食事の支度に手を掛けずとも充分間に合う便利な加工品の登場も拍車を掛けたのかもしれない


まさに今や、加工品を除いた食生活は考えられないほどに、我々の生活に染み込んでいる


まだ記憶に新しい不二家にしても加工品の製造過程の問題が原因だった

少し前の大手どころでは、雪印の問題もあった


こうした食に関する問題が報道されるたび
「食の安全」を叫びつつ、
原材料表示のラベルは、果たしてどこまで信じられるのか・・・?


時間が風化させてしまう不安と疑念を、再び呼び覚ましてくれる


今の時代はモラルや常識があまり通用しない時代のようですからね


こんな事があるのは当然でしよう?
そんなことがまかり通る社会になってしまったのでしょうか?



食肉加工食品は加工してしまえば元の原材料の形は全くなくなる、いったい何の肉を混入しているのかわかりませんね!!


以下、Yahoo!ニュース関連記事 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?clu=20070621-00000205-yom-soci 一部抜粋
★ミート社社長が混入指示「7、8年前から」…会見で認める(読売新聞) - 6月21日23時51分
★昨年、農水省出先機関に偽ミンチ情報…道と連携不足で放置(読売新聞) - 6月21日22時 8分
★<豚肉混入ミンチ>農水省、不正見逃す 06年2月告発(毎日新聞) - 6月21日20時53分
★<豚肉混入ミンチ>国産鶏肉をブラジル産と偽る(毎日新聞) - 6月21日15時 2分
★<豚肉混入ミンチ>味の素冷凍食品が商品を自主回収(毎日新聞) - 6月21日13時23分
★豚肉混入ミンチ 加ト吉、生協連が取り扱い中止に(毎日新聞) - 6月21日 9時58分



やっぱり、食の基本は手作りですね!!

応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif



posted by キンちゃん at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

年金が消えた。。。? 私の年金は大丈夫?!

国民にとって大きな問題。。。。年金!

年々厳しい状況に追い込まれている現実社会の中で、死活問題ともいえる年金問題。

団塊世代にとっては、まさにこれからの生活の糧!!


その年金が『消えた。。。。?!』


冗談じゃないよ!と、ワンサカワンサカ社会保険庁に押し掛けています。
全国のあちこちで、休日返上で対応に追われているとか。
関連記事はこちらhttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/annuity/


バブル崩壊以来、年金支給に対する不安も大きく、このままかけ続けた方がいいのか・・・・?
いっその事あてにしないで、かけない方がいいのか・・・・?

そんな話題が世間を駆け巡っていたのはわずか15年ほど前のこと。


予想よりも1年早く人口減少が始まり、問題視されている少子化社会に拍車がかかったことは言うまでもありませんが、団塊世代の大量退職で、これからさらに増える年金の支給はいったいどうなっていくのでしょうか?


一般の方々は年金支給額は、今までに支払った金額よりも少なくなるとのことです。
考えてみれば小学生でもわかるような計算じゃないですか!


しかし、支給されるならばまだいい方かも知れません。
今後は年金はもらえなくなるだろうという強い不安を数多くの方が持っているようです。

今までにも何度となく報道されてきた社会保険庁の問題。
今回も年金がらみでまたまた社会保険庁問題。


サラリーマンであれば給与から天引きされる厚生年金の記録は、会社の名前と本人の名前しか残らない。
住所が記録されないようです。


従ってA社からB社に転職すると追跡が出来ないとか。。。。
転職した先々の会社で、それぞれ新たに厚生年金加入手続きをしている場合も多いとか。。。

つまり厚生年金は名前しかないので会社を移るほど幾つもの名簿が出来、一人の人が転職した会社の数だけ分身化して3人、あるいは5人となってしまっていることもあるようだ。

もっとひどいことは、会社がつぶれた時など名簿すらないようです。

または会社を中途退職し途中で厚生年金から国民年金に加入しても同一人物として年金がつながらない場合も多くあるようです。


かくいう、私も年金手帳を2つ持っていました。
厚生年金の手帳と、国民年金の手帳。。。。

やっぱり、同一人物とみなされていなかったってことなんでしょうね。


そして、驚くべきかなこの消えた年金の数、約5000万件!
これは国民の半分に充当するじゃないですか!


たとえて言うなら、国民の半数が行方不明と同じ事ですよ。


今までのように会社任せ、国任せで安心してはいられません。
もともと、国の政策が変わるたびに、国民はあっちを向いたりこっちを向いたりさせられてきましたから・・・・国はあてにならない!!これが本音かもしれませんが。。。


これからは、ますます自己管理の時代。。。。?!

今のうちに年金の記録を確認しておくべきかもしれません。


今まで支払った年金を、しっかりと自分で確かめることができます。
それには年金手帳とか支払った証明があればOKです。

まずは、社会保険庁のホームページで年金加入記録照会より調べ始めてみてはいかがでしょうか。


社会保険庁のホームページはこちら
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/


今日も全国あちこちの社会保険事務所は休日対応に追われたそうですよ。
Yahooニュースよりhttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/annuity/


仕事に休日はあっても、生活に休日はありませんからね。。。!!


いつも応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif


posted by キンちゃん at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

パソコンは買ってみたけど・・・団塊世代

団塊の世代、時代の波といいつつ

「パソコン買ったよ」
「パソコン始めたよ」
「パソコン教室に通ってるよ」と

今までも数人の仲間から、話の話題になったり・・・しましたが、

現在は…といえば、
『押入れの中だったり・・・』
『布切れ被ってるよだったり・・・』
『子供に取られたよだったり・・・』断念したり、と

団塊世代にとっては、ただの箱状態が多くなっています


思い起こせば。。。。

子供の頃の遊びは、メンコやベイゴマそしてビー玉だったり・・・
動く遊び道具は…といえば
せいぜいブリキのおもちゃくらいのもの
    知っていますか?(笑)



遊びは、自然の中から見つけ出し
道具は、自然の中から作り出した

そんな時代から…わずか50年間の半世紀で日本の社会は大きく変わりました


『近代化』といわれる大きな波に乗ってきたのです


「三種の神機」から始まった家電品の目覚しいほどの発展
今でこそ笑い話でしょうが・・・こんな話を思い出します

わずか10年程前
壊れた洗濯機を2槽式から全自動に入れ替えた
ところが。。。
「洗濯機が動かないよ〜」とおばあちゃんがブツブツ。。。。

よくよく聞いてみると・・・
「全自動?」で、どうやって洗うんだろう・・・?
本当に洗えるのかな・・・?

心配でフタを開けて見ていたんだって
そうしたら途中で動かなくなった!


そりゃそうでしょ。。。
フタを閉めて…ほったらかしで洗えるから「全自動」!!
フタを開けてちゃ・・・・途中で止まるのは当たり前・・・!
正常・・・!!
壊れてない。。。!!!


でもそれほど不思議だったんだよね



最近では通信事業の追いつかないほどの。。。進化

「電話」があるなんてこと自体が大変もの珍しい頃ですから

受話器の向こうから声が聞こえてくる。。。。
なんて不思議なんだろう??と思いつつも、珍しさのほうに気をとられ

当然、電話のかけ方すら知らない、ましてや携帯電話なんて想像することすら出来なかった

今では何の不思議さも感じずに洋服のポケットに電話は収まっている
通信技術のものすごいスピードの発達のお陰といえばいいのでしょうか?


パソコンもそのひとつ。。。。


しかし、あまりの速さに頭がパンクしそう。。。。

あれよあれよという間に、何が何だかわからないけど、とにかく時代の波だから。。。。!!

わけわかんなくてもいいから、とにかくパソコン購入・・・第一段階クリア

何だかわかんないけど、電源入れて見よう・・・第二段階クリア

日本語だか英語だか…ドイツ語だかわからない用語に七転八倒

こりゃ、子供に聞いたほうが早いは。。。なんてことになっている年代です

しかし、これからがもっと問題!!!
聞いてもわからない


聞けば聞くほどわからなくなる…頭の中が混乱と散乱


あ〜〜もうどうでもいい!!!!!



その結果が…
追いつこう!
でも、追いつこうにも追いつかない・・・

  

 『団塊世代
   パソコンは買っては見たけど
      ただの箱』


年代を反映している現実ですよ



団塊さん…挫折中ですか。。。?
何とかなりますから、もう一度挑戦して見ませんか?!



慣れてくれば楽しいものです
硬くなってくる頭の体操には、いいお友達ですよ


いつも応援ありがとうございます
よろしくお願いします
blog.Rankingubanner_02.gif




posted by キンちゃん at 17:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。